足の出張マッサージの感想

足に疲労を感じたので足の出張マッサージを受けに行きました。
足をマッサージするために足を見せたところ、足裏の凝りがひどいという話をされたので、足裏のマッサージを重点的に行うことになりました。
まずは、足裏の土踏まず付近の血行を良くするためのマッサージから始まりましたが、これが予想以上に痛みを伴いました。しかし、ある程度の痛みが過ぎた後、まるで先ほどの痛みが嘘のような程の快感を感じ、足全体が軽くなった感覚を覚えました。
次は、脛の部分のマッサージですが、すでに足で行われた快感に似た感覚が脛の辺りまで伝わっていたので、脛でのマッサージも気持ちのよいものでした。話によると、どうやら脛の部分の筋肉にも大分疲れが溜まっているようなので、足裏と同じように長い時間をかけてマッサージを行いました。最後に、ももの部分の出張マッサージを受けて完了しました。
マッサージを受けた後の感想ですが、わずか120分の出張マッサージでしたが、終わってみると足の疲れが嘘のように取れていました。特に、走ってみたときの感覚はマッサージ前と後では全然違い、まるで馬の足になったかのような感覚で駆けることができました。
今では、そのマッサージ店を愛用しており、足の疲れが溜まる事は、そこまで無いようになりました。

コメントは受け付けていません。